こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

100万回生きたねこ


商品名

100万回生きたねこ

出版社

講談社

著者

佐野 洋子

出版年

1977

対象年齢

5歳〜

価格

1,400円

全国学校図書館協議会選定
中央児童福祉審議会推薦

100万回も死んで、100万回も生きたねこがいました。
100万人の人が、そのねこが死んだとき泣きましたが、ねこは、一回も泣きませんでした。あるとき、ねこは、誰のねこでもなくのらねことして生まれました。ねこは、自分が大好きでしたが、白い美しいねこに出会い、自分よりも大切なものを見つけます。そして、その白いねこが死んだとき、100万回生きたねこは、初めて泣きました。泣きやんだときねこは死んでいましたが、もうけっして生き返りませんでした・・・
「100万回生きたねこ」は、絵本の本質をとらえ、大人も考えさせられる絵本。

<作者紹介>
佐野洋子(さのようこ)
1938年北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒業。1967年〜68年にかけて、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な作品に「だってだってのおばあさん」(フレーベル館)、サンケイ児童出版文化賞推薦賞「おじさんのかさ」(講談社)、講談社出版文化賞絵本部門賞「わたしのぼうし」(ポプラ社)などがある。


ページの先頭へ戻る