こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

あめのひのピクニック


商品名

あめのひのピクニック

出版社

BL出版

著者

ガブリエル・バンサン

翻訳者

もり ひさし

出版年

1983

対象年齢

5歳〜

価格

1,300円

産経児童出版文化賞推薦
日本図書館協会選定
米国スクール・ライブラリー・ジャーナル選定最優秀作品

前の晩から準備して、楽しみにしていたピクニックの朝はどしゃぶりの雨。とても悲しんでいるセレスティーヌを見て、アーネストおじさんは雨天決行を思いつきました。「今日は、とてもいい天気だっていうつもりになるのさ」と言って、雨具も日よけの帽子のつもりになって出発します。テントをはったり、セレスティーヌが作ったサンドイッチを食べたり、雨の中でピクニックを存分に楽しんでいるところに、地主が文句をつけに来ます。ところが、二人は地主をテントに引き込んで、いつの間にか一緒にピクニックを楽しんでしまうのです・・・
セレスティーヌとアーネストおじさんの前向きな大らかさがなんとも微笑ましく、雨の日を楽しい一日に変えてくれます。

<作者紹介>
Gabrielle Vincent(ガブリエル・バンサン)
ベルギーのブリュッセルに生まれる。ブリュッセルの美術学校で絵画を学び、以後長期にわたりデッサンに専念した。彼女の絵の最大の特長である線描の確かさは、そのたまものである。この「くまのアーネストおじさん」シリーズは各国で高い評価を受け、世界10数か国で出版されている。ビアトリクス・ポターに影響を受けたという彼女は、この作品で、愛の深さ、他人に尽くす喜び、気取らない素朴な生活などを表現したかったという。その他の作品に、「老夫婦」、「おてがみですーあるゆうびんやさんのおはなし」(サンケイ児童出版文化賞ニッポン放送賞)、「15ひきのおしかけねこ」などの水彩画絵本がある。
<翻訳者紹介>
森 比左志(もりひさし)
神奈川県に生まれる。絵本作家、絵本研究家。
創作絵本に「ちいさなきいろいかさ」、「みずいろのながぐつ」、「くまさぶろう」など。絵本の翻訳にエリック・カール「はらぺこあおむし」、ガブリエル・バンサン「くまのアーネストおじさん」シリーズなど多数。日本児童文学者協会名誉会員。


ページの先頭へ戻る