こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

あやちゃんのうまれたひ


商品名

あやちゃんのうまれたひ

出版社

福音館書店

著者

浜田 桂子

出版年

1999

対象年齢

4歳〜

価格

900円

全国学校図書館協議会選定

もうじき、あやちゃんの6才の誕生日です。おかあさんはあやちゃんの生まれた日の話しをしてくれます。「はじめて あかちゃんが うまれるってわかったとき、ママ とっても うれしかった。 あかちゃんの うまれるひに しるしをつけて、ずっとずっと まってたのよ」・・・パパやおじいちゃんやおばあちゃん、みんながあやちゃんが生まれてくるのを、まだか、まだか、と楽しみに待っていたこと。生まれたてのあかちゃんは、ちっちゃな顔がピンク色にきらきら光っていたこと。「ママはむねがいっぱいで、なみだが こぼれた」・・・
あかちゃんの誕生の素晴らしさ、心温まる家族の情景がほのぼのと描かれています。

<作者紹介>
浜田桂子(はまだけいこ)
1947年埼玉県に生まれる。桑沢デザイン研究所卒業。田中一光デザイン室勤務の後、子育てを通して子どもの本の仕事を始める。日本児童出版美術家連盟会員。絵本の作品に「あそぼうあそぼうおとうさん」、「ペカンの木のぼったよ」(以上福音館書店)、「わんぱくようちえん」、「おにいちゃん」(以上童心社)などがある。


レビュー 一覧

panji さん

絵本好きな私は、子どものためというよりも自分のためにこの本を買いました。
読むうちに、自然と涙がこぼれてきます。感動ものですよーーー
絵本は子供のものを思われがちですが、大人でも充分に感動できるものなのですよね。
そのうち、うちの子もあと1年たつと、この本を読んでやります。
その時は、親子で一緒に感動する予定です。

ページの先頭へ戻る