こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ありのあちち


商品名

ありのあちち

出版社

福音館書店

著者

土橋 とし子

出版年

1998

対象年齢

1歳〜

価格

800円

ありさんが台所のテーブルにやってきました。「何だかおいしそうなものがあるよ、それにとってもいいにおい・・・」、「バナナでちょっとすべりだいをして、あまいビスケットをかじって」。
しゅうしゅうと音のするところに近づいていきますが・・・
ありさん、あちち。やけどをしてしまいました。
好奇心旺盛の幼児をありに見立てて、楽しく描いています。

<作者紹介>
土橋とし子(つちはしとしこ)
1960年に和歌山県に生まれる。浪速短期大学デザイン美術科を卒業。デザイン事務所・Bグラフィックスを経て、1985年より東京でフリーのイラストレーターとして仕事を始める。また、芝居の舞台美術や宣伝美術もこなし、1988年には自ら役者として出演。著書に「オリオン画報」(新潮社)、「食べ物づくりであそぼう」(晶文社)、「よいこの玉手箱」(チャンネルゼロ)などがある。


レビュー 一覧

nobunobu さん

ありさんが、テーブルの上でおいしそうなものを見つけます。そのお菓子を食べたり、
遊んだり・・・ところが、「しゅうしゅう」と音のする方へ行くとやかんに触ってしまた
ありさんは、手をやけどしてしまいます。手が真っ赤にハレ上がってしまったありさんの
姿がなんともかわいいですが、危険なもの好きな子どもにとって、いい見本になる気がし
て読み聞かせしています。

ページの先頭へ戻る