絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

アンガスとあひる


商品名 アンガスとあひる
出版社 福音館書店
著者 マージョリー・フラック
翻訳者 瀬田 貞二
出版年 1974
対象年齢 読んであげるなら ・4歳〜                 自分で読むなら ・小学校初級〜
価格 1,188円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

厚生省中央児童福祉審議会推薦
日本図書館協会選定

見るもの、嗅ぐもの、なんでも知りたがり屋の子犬のアンガス。中でも、一番気になっていたのは、庭の生垣の向こう側から聞こえるやかましい音の正体です。ある日、それが2羽の白いあひるとわかります。アンガスは、2羽のアヒルをおどしますが事態は逆転し、アンガスは追われる身となってしまいます。
子犬アンガスの冒険が微笑ましく幼い子どもたちの冒険心を見事に表現している傑作です。続編に「アンガスとねこ」、「まいごのアンガス」があります。

<作者紹介>
マージョリー・フラック
1897年アメリカのニューヨークに生まれる。アート・スチューデント・リーグに学んで挿絵画家となり、1930年から絵本を作り始める。スコッチ・テリア種の小犬アンガスの連作5冊をはじめ、「おかあさんのたんじょう日」(「おかあさんだいすき」岩波書店)、「おたまじゃくしのチム」など含めて9冊。彼女は「100まんびきのねこ」(福音館書店)のワンダ・ガアグとともにアメリカの絵本の基礎を築いたといわれる絵本作家です。
<翻訳者紹介>
瀬田貞二(せたていじ)
1916年に東京に生まれる。東京帝国大学文学部卒業。児童文学の評論、創作、翻訳などで活躍。訳書に「三びきのこぶた」、「おだんごぱん」、「三びきやぎのがらがらどん」、「げんきなマドレーヌ」、「ブレーメンのおんがくたい」(以上福音館書店)、童話「ナルニア国ものがたり」シリーズ、「ホビットの冒険」(以上岩波書店)、再話に、「かさじぞう」、「ふるやのもり」(以上福音館書店)などがある。

*その他のマージョリー・フラックの作品は、HOMEの「著者名で検索」に「フラック」と入力し検索するとご覧になれます。







関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
おかあさんだいすき
著者:マージョリー・フラック
691
詳細はこちら
がたごとがたごと
著者:内田 麟太郎
1,404
詳細はこちら
ちからたろう
著者:今江 祥智
1,080
詳細はこちら
きょうのおべんとう なんだろうな
著者:岸田 衿子
972
詳細はこちら
だいじなとどけもの
著者:E・H・ミナリック
1,080
詳細はこちら
よーいどん!
著者:中川ひろたか
1,404
詳細はこちら
キュービックス 赤
NAEF/ネフ(スイス)
22,680
詳細はこちら
ファニーフェイス
EDUCO/エデュコ(スイス(中国))
12,960
詳細はこちら
ネフスピール
NAEF/ネフ(スイス)
18,144
詳細はこちら
フレーベルつみ木
DUSYMA/デュシマ(ドイツ)
19,224
詳細はこちら
ぼくの村
DUSYMA/デュシマ(ドイツ)
3,996
詳細はこちら
LaQベーシック311
ヨシリツ(日本)
5,184


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!


レビュー 一覧

JunJu さん
好奇心旺盛な子犬アンガスは、まるで小さな子どもと同じ。
なんでもやってみたいという気持ちと行動を愉快に表現してくれています。
その結果、ドキド怖い思いもするでしょう。そんな気持ちも大人は理解でき
るからアンガスがなんだかかわいくなってきます。しかし、うちの子はどこ
まで理解しているのか・・・?「きみもアンガスを同じなんだよ」と言いたい
とこですが、とりあえずこの絵本が気に入ってるのようなので、「そのうちに」
と思って読み聞かせています。