こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

いたずらこねこ


商品名

いたずらこねこ

出版社

福音館書店

著者

バーナディン・クック

画家

レミイ・シャーリップ

翻訳者

まさき るりこ

出版年

1964

対象年齢

3歳〜

価格

1,100円

厚生省中央児童福祉審議会推薦
全国学校図書館協議会選定
名古屋市児童図書選定協議会選定

はじめてかめを見たいたずら子ねこは、びっくり大仰天!
かめの頭はどこへ行ったの?かめの足はどこに隠れたの?
横開きの画面を効果的に使って、左端から子がめが、右端から子ねこが登場します。ページをめくるごとに2匹は次第に接近し、にらみ合います。かめが甲の中に隠れてしまったのを見て驚いた子ねこは、かめの池に落ちてしまいます。そして、もとの場所に一目散。
単純でユーモラスな事件の発展は、幼児を夢中にさせます。

<画家紹介>
Remy Charlip(レミー・シャーリップ)
1929年にニューヨークに生まれる。クーパー・ユニオン大学で美術を専攻し、ジュリアード音楽院でも学ぶ。衣装デザイン、舞踊家などとして活躍。これまで出版してきた絵本が、ボローニャ国際児童図書展最優秀グラフィック賞など様々な賞に輝く。
<翻訳者紹介>
間崎ルリ子(まさきるりこ)
1937年長崎に生まれる。慶応義塾大学文学部図書館学科卒業後、渡米し、シモンズ・カレッジ大学院図書館学科卒業。ニューヨーク公共図書館、アメリカン・スクール・イン・ジャパン図書館、家庭文庫研究会を経て、現在、鴨の子文庫主宰、兵庫県子どもの図書館研究会代表。主な訳書に「もりのなか」、「くんちゃん」シリーズなど多数。


レビュー 一覧

oni-oni さん

横長の見開きページを上手に使って絵がれたカメと子ネコ。

お互いに恐る恐るちょとづつ動く様子が、娘のお気に入り。

特に、カメの動きに注目しています。

白黒で描かれているネコの毛は1本1本が際立っているし、

登場するのはカメと子ネコだけというのを引きたてています。

2〜3歳から楽しめる絵本だと思います。

ページの先頭へ戻る