こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

いちご


商品名

いちご

出版社

福音館書店

著者

平山 和子

出版年

1989

対象年齢

2歳〜

価格

900円

全国学校図書館協議会選定

「わたしは いちごです」。最初のページにいちごの葉っぱが登場します。寒い冬、いちごは暖かくなるのを待っています。花が咲きました。もうすぐいちごがなります。「いちご おおきくなったね」でも、まだすっぱいいちごです。「いちご、あまくなったかな?」もうちょっとです・・・いちごの実が日に日に赤く色づき甘いいちごになってゆきます。「さあ どうぞ」、「おいしそうないちご どうもありがとう」。
冬から春へ、そして真っ赤な大きないちごに成長するまでを、丁寧な絵とさわやかな文でつづっています。

<作者紹介>
平山和子(ひらやまかずこ)
1934年に東京に生まれる。東京芸術大学美術学部図案科卒業。絵本に「いちご」、「やさい」、「たんぽぽ」、「くだもの」、「おにぎり」(以上福音館書店)などがある。


レビュー 一覧

kumakuma さん

イチゴがリアルにかかれていてとってもおいしそう。

息子も私も『食べた〜い』。

プレゼントの絵本に選んでも喜ばれそう♪

bara さん

 始まりにはあまり反応がなかったようです。熟れはじめたイチゴが見え始めた途端
本に顔を近づけて大喜びです。大人の私でもえっーーこれが絵本!!と驚くほど丁寧に
みずみずしく描かれています。ついいちごが食べたーいっーと思ったほどです。

ページの先頭へ戻る