絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

いつかはきっと…


商品名 いつかはきっと…
出版社 ほるぷ出版
著者 シャーロット・ゾロトフ
画家 アーノルド・ローベル
翻訳者 矢川 澄子
出版年 1975
対象年齢 4歳〜
価格 972円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

全国学校図書館協議会選定

「いつかは ね・・・ バレエのおけいこにいくと、バード先生がおっしゃるの。エレンをごらんなさい、あのじょうずなこと」。子どもたちは、「いつかはきっと、こうなるといいなあ」という望みや願いをみんな持っています。
できそうにないことができたり、起こりそうにないことが起きたり、夢が現実になることを、子どもたちは願っています。そんな子どもたちの望みを描く絵本。

<作者紹介>
シャーロット・ゾロトウ
アメリカのバージニア州に生まれる。ウィスコンシン大学卒業。出版社で児童図書の編集をするかたわら、絵本作家として活躍。主な絵本に「かぜはどこへいくの」(偕成社)、「ねえさんといもうと」、「うさぎさんてつだってほしいの」などがある。
<画家紹介>
Arnold Lobel(アーノルド・ローベル)
1933年カリフォルニアのロサンゼルスに生まれる。高校卒業後、ブルックリンの「プラット・インスティテュート」に入学。本のイラストレーションのおもしろさを知る。1955年同窓生のアニタと結婚。お互いに影響を与えながら、それぞれの絵本を作り続けていたが、1985年には、ローベルが文、アニタが絵を担当した「The Rose in My Garden」が出版された。1973年「ふたりはいっしょ」でニューベリー賞、1981年「どうぶつものがたり」でコルデコット賞受賞。
<翻訳者紹介>
矢川澄子(やがわすみこ)
東京に生まれる。東京大学文学部美学美術史学科中退。主な著書には、詩集「ことばの国のアリス」(現代思潮社)、訳書に「ハイジ」(福音館書店)、絵本「ぞうのババール」(評論社)、「おばけリンゴ」(福音館書店)「わにくん」(偕成社)などがある。







関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
ゆきのひ
著者:エズラ・ジャック・キーツ
1,296
詳細はこちら
ねみちゃんとねずみくん
著者:なかえ よしを
1,080
詳細はこちら
ももたろう
著者:松居 直
1,188
詳細はこちら
ひとまねこざる
著者:H.A.レイ
1,404
詳細はこちら
とりかえっこ
著者:さとう わきこ
1,296
詳細はこちら
ワニくんのおおきなあし
著者:みやざき ひろかず
1,404
詳細はこちら
モビール 小人 
HELLER/ヘラー(ドイツ)
4,320
詳細はこちら
スカリーノ・鉄琴セット
スカリーノ社(スイス)
10,584
詳細はこちら
ビルディングロッズ
MICKI/ミッキー(スウェーデン)
8,424
詳細はこちら
スカリーノ・水車セット
HILPAG・BAUMANN/ヒルパッグ(スイス)
9,720
詳細はこちら
ぼくの村
DUSYMA/デュシマ(ドイツ)
3,996
詳細はこちら
セラ 赤
NAEF/ネフ(スイス)
23,760


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!