こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

うさぎ


商品名

うさぎ

出版社

冨山房

著者

ジョン・バーニンガム

翻訳者

谷川 俊太郎

出版年

1976

対象年齢

2歳〜

価格

800円

「うちには うさぎが いるんだよ」、「ぼくは うさぎを なでるのが すき」、「ときどき うさぎは そとへ でちゃう」・・・
うさぎの好きなものや、うさぎとぼくの交流を子どもの視点から描いています。何気ない日常生活のスケッチの中に、子どもの感じとったドラマを伝えます。

<作者紹介>
John Burningham(ジョン・バーニンガム)
1936年イギリスのサリー州に生まれる。セントラル美術校卒業。兵役を拒否し、スラム街を掃除したり、農場や森林、病院で働いたりした豊富な経験が後の絵本にも生かされた。1963年「ボルカ」でデビュー、ケイト・グリーナウェイ賞を受賞。1970年「ガンピーさんのふなあそび」で同賞を再び受賞。1985年には「おじいちゃん」でエミール/クルト・マッシュラー賞を受賞。夫人も絵本作家である。
<翻訳者紹介>
谷川俊太郎(たにかわしゅんたろう)
1931年東京に生まれる。詩人。詩作のほか戯曲、放送台本、作詞などの分野で注目すべき仕事を手がけている。児童文学作品には、「ことばあそびうた」、「あな」、「めのまどあけろ」、「わたし」(以上福音館書店)、「スイミー」(好学社)、「これはのみのぴこ」(サンリード)などがある。

※その他の「ジョン・バーニンガム」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「バーニンガム」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

Lilly さん

うさぎの飼い方や接し方を教えてくれる本。
子どもが持つにはちょうどいい大きさの絵本です。
娘が持っているぬいぐるみのウサギを使って、えさ
をやったり小屋に見立てたものに入れてみたりして
娘の遊びが一つ増えたみたいです。

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る