こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

うさこちゃんのたんじょうび


商品名

うさこちゃんのたんじょうび

出版社

福音館書店

著者

ディック・ブルーナ

翻訳者

石井 桃子

出版年

1982

対象年齢

1歳〜

価格

700円

子どもがはじめてであう絵本?

今日はうさこちゃんの誕生日。一番大好きな服を着たら、きれいな花で飾られたうさこちゃんのいすとピッタリ合っていました。おとうさんとおかあさんから、プレゼントをもらい、友達もやって来てお祝いしてくれます。夜にはおじいさんとおばあさんがうさこちゃんに会いにやって来て・・・
うさこちゃんの楽しい誕生日の一日を描きます。

<作者紹介>
ディック・ブルーナ
1927年オランダに生まれる。絵本作家、グラフィックデザイナー。
父の仕事の関係で、幼い頃から本や作家になじみ、絵本や詩集、音楽や美術にも興味を持つ。1943年、最初の小説「ヤーピー」を執筆。1945年、高校に通いながら最初の装丁「アニー・マリー」を手がける。1952年、絵本作りを始める。最初の絵本「りんごちゃん」を完成し翌年出版。1955年、「ちいさなうさこちゃん」出版。1970年、ブルーナの会社を創立。1975年、自分の創作に専念することを決意し出版社をやめる。これまでに80冊もの絵本を発表。

※その他の「ディック・ブルーナ」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「ブルーナ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

Yharuka さん

私が子どもの頃、大好きだったディック・ブルーナの絵本。
娘も気に入ってくれると思い、シリーズで購入しました。
うさこちゃんって、なぜか子どもを惹きつけるんですよね。
娘も興味をもってくれているようで嬉しいです。内容は、
シンプルな誕生日の一日が描かれているのですが、小さな
子どもには、シンプルな内容が一番ですよね。

ページの先頭へ戻る