こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

うしろにいるのはだあれ


商品名

うしろにいるのはだあれ

出版社

童心社

著者

まつい のりこ

出版年

2003

対象年齢

2歳〜

価格

950円

「おおきなき うしろにいるのはだあれ」と問いかけます。木のうしろにいたのは、「ぴぴぴぴぴ とり」だったのです。ページをめくるごとに「うしろにいるのだあれ?」次々に出てくるよ!楽しい友達が。

<作者紹介>
松井紀子(まついのりこ)
1934年和歌山県に生まれる。絵本・紙芝居作家。武蔵野美術大学卒業。「ころころぽーん」(1976年ボローニャ世界児童図書展エルバ賞)、「かずのほん」、「とけいのほん」(共に福音館書店)、「あかちゃんのほん」、「ちっちゃなちっちゃなおばけ」(共に偕成社)など、知識の世界をはじめとする独自の絵本を数多く出版。1991年から続けたベトナムの紙芝居創作・普及の支援活動に対しベトナム政府より「ベトナム文化功労賞」を受賞。

※その他の「まついのりこ」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「まついのりこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

Torakichi さん

孫にプレゼントした絵本ですが、とても気に入ってくれているみたいなので、レビューに投稿しました。言葉を覚えはじめの幼児にはピッタリの絵本だし、「うしろにいるのはだあれ」と言って、何が隠れているのか当てっこを楽しんだりもしてるとのことでした。優しい色合いの柔らかなタッチの絵が気に入って孫にプレゼントした絵本ですが、正解でした。

ページの先頭へ戻る