絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

うらしまたろう


商品名 うらしまたろう
出版社 福音館書店
著者 時田 史郎 再話
画家 秋野 不矩
出版年 1974
対象年齢 4歳 5歳 6歳
価格 1,080円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

厚生省中央児童福祉審議会推薦

たろうが、村の子どもたちにいじめられていたかめを助けると、そのかめは、りゅう王の娘おとひめでした。おとひめは助けてもらったお礼にたろうを龍宮に招待します。さっそく、たろうの歓迎の宴がはじまりますが、「もう、おまえは人の子ではない。りゅう王の子になったのだ。いつまでもここで、おとひめと幸せに暮らすがよい」と言われ、たろうは龍宮で3年もの月日を過します。
日本の代表的な昔話を長く読み継がれるにふさわしい内容と文体で再話にされた絵本。水彩画で美しく描かれた人物や海や魚などが伝統的な昔話によく合っています。

<作者紹介>
時田史郎(ときたしろう)
1943年に東京に生まれる。早稲田大学卒業後、福音館書店に勤務。民俗学に造詣が深く、特に昔話と昔話の採集、再話者であった佐々木喜善の研究をしている。
<画家紹介>
秋野不矩(あきのふく)
1908年静岡県に生まれる。1950年、女流日本画家に与えられる最高の賞、上村松園賞を受賞。創画会会員。絵本の仕事に「いっすんぼうし」(福音館書店)、「小さな松の物語」、「やまねことにわとり」(ニューヨークAtheneum社)などがある。







関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
ピーターラビットのおはなし
著者:ビアトリクス・ポター
756
詳細はこちら
あおいめくろいめちゃいろのめ
著者:かこ さとし
1,080
詳細はこちら
はははのはなし
著者:加古 里子
972
詳細はこちら
チムとゆうかんなせんちょうさん
著者:エドワード・アーディゾーニ
1,404
詳細はこちら
ハモのクリスマス
著者:たかお ゆうこ
1,620
詳細はこちら
そらまめくんのベッド
著者:なかや みわ
972
詳細はこちら
ジルケ人形 小 女の子
KOSEN/ケーセン(ドイツ)
21,384
詳細はこちら
コートラック ちいさな仲間
HELLER/ヘラー(ドイツ)
4,320
詳細はこちら
2重パズル アフリカ
ジョージラック(イギリス)
5,400
詳細はこちら
アングーラ
NAEF/ネフ(スイス)
35,640
詳細はこちら
ベアーハッグ
EDUCO/エデュコ(スイス(中国))
5,184
詳細はこちら
立体モビールバルーン 
HELLER/ヘラー(ドイツ)
5,184


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!


レビュー 一覧

kimoto さん
日本の昔話セットを買いました。その中の一つとして感想を書いています。
優しく語りかけるような口調の文章と絵がとても合っていました。
昔話という古典の物語は長く語り継がれるものなので、絵が読んだ子どもの
記憶に「うらしまたろう」のイメージがいつまでもやきついていくので、と
ても大切だと思いました。そんなことを気づかせてくれた絵本です。