こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

おかあさんといっしょ


商品名

おかあさんといっしょ

出版社

福音館書店

著者

薮内 正幸

出版年

1985

対象年齢

0歳〜

価格

900円

日本図書館協会選定

パンダのおかあさんとパンダの子、ねこのおかあさんとねこの子。ページをめくるごとにやさしいおかあさんの顔と幸せそうな子の絵が写真的に描かれています。
やぶうちまさゆきさんは動物の絵を描かせたら天下一品ですね。

<作者紹介>
藪内正幸(やぶうちまさゆき)
1940年大阪に生まれる。大阪府立夕陽丘高校卒業後上京し、出版社に勤務する。後にフリーで新聞、雑誌、図鑑、百科事典などに動物の絵を描いて活躍した。1973年度朝日広告賞第2部グランプリ受賞。主な著者には「どうぶつのおやこ」、「どうぶつのこどもたち」、「どうぶつのおかあさん」、「なにのこどもかな」、「どうやってねるのかな」、「しっぽのはたらき」(以上福音館書店)などがある。


レビュー 一覧

kuma さん

この表紙のパンダのお母さんが子供をぎゅっと抱きしめている姿、なんだか格好もお母さんの眼差しも人間と全く同じですよね。絵本の中には、お母さんと一緒にいる動物たち、犬、
猫、ライオン、くま、ぞう、かば・・・たちが「なにをしてるのかな?」、「なにをたべて
いるのかな?」という言葉とともに、その親子の温かい表情や姿が出てきます。
お母さんと一緒にいて安心感に包まれている動物たちの絵が、すごくよく描かれています。
動物の絵本をお探しのお母さんにお薦めの一冊です。

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る