こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

おかえし


商品名

おかえし

出版社

福音館書店

著者

村山 桂子

画家

織茂 恭子

出版年

1989

対象年齢

4歳〜

価格

900円

日本図書館協会選定

ある日、たぬきの家の隣にきつねの家族が引っ越してきました。きつねの奥さんが、引っ越しのあいさつにいちごを持ってたぬきの家に行きました。すかさず、たぬきの奥さんはたけのこをおかえしに。すると、またきつねの奥さんからおかえしのおかえしが届きます。両家のおかえし合戦は、どんどんエスカレートします。さて、その結末は?
横長の画面の両端に、きつねとたぬきの家を描き、双方が行ったり来たりする様子がコミカルな絵にのせてユーモラスに描かれています。

<作者紹介>
村山桂子(むらやまけいこ)
1930年静岡県に生まれる。文化学院卒業後、お茶の水女子大学幼稚園教員養成課程修了。1965年まで幼稚園に勤務。1955年、第二回全国児童文化教育研究大会童話コンクールに入選。絵本に「たろうのおでかけ」、「たろうのひっこし」、「おかえし」(以上福音館書店)、「もりのはみがき」(教育画劇)などがある。


ページの先頭へ戻る