こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

お月さまってどんなあじ?


商品名

お月さまってどんなあじ?

出版社

セーラー出版

著者

マイケル・グレイニエツ

翻訳者

いずみ ちほこ

出版年

1995

対象年齢

4歳〜

価格

1,500円

日本図書館協会選定
全国学校図書館協議会選定
’96日本絵本賞翻訳絵本賞受賞

「お月さまってどんなあじなんだろう。あまいのかな。しょっぱいのかな。ほんのひとくち、たべてみたいね」と、動物たちは、夜、お月さまを見ながらいつもそう思っていたました。でも、どんなに首や手や足を伸ばしても、届かないお月さまを見てカメが決心しました。「一番高いあの山に登って、お月さまをかじってみよう」・・・
小さなカメがゾウを呼び、キリン、シマウマ、ライオン、キツネ、サル、ネズミ。小さなカメが背中の上に次々と仲間の動物たちを乗せていきます。
お月さまってどんなあじ?子どもなら誰でも思う素朴な疑問を見事に絵本の中に実現した愉快なストーリー。

<作者紹介>
Michael Grejniec(マイケル・グレイニエツ)
1955年にポーランドに生まれる。ヨーロッパでイラストレーターとして活躍。1985年アメリカに移住。その他の代表作として「クレリア」、「だれかさんの目」、「おとぞうさん」(以上セーラー出版)、「いちばんたかいのだあれ」(金の星社)、「にじいろのはな」(ポプラ社)、「どのあしがさき?」(すずき出版)などがある。


ページの先頭へ戻る