こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

おててがでたよ


商品名

おててがでたよ

出版社

福音館書店

著者

林 明子

出版年

1986

対象年齢

0歳〜

価格

800円

1才前の幼児は「なんでもしてみたい!!」の衝動にかられます。
この絵本は自分で洋服を頭からかぶるお話です。
「おててはどこかな?」「あたまはどこかなあ?」「おかおはどこかな?」と続きます。体の部位を順に絵で示し「すぽん でたー」とくくります。
洋服の中でかくれんぼしながら順々に出てくる様子は幼児の気持ちをぐっととらえることでしょう。

<作者紹介>
林 明子(はやしあきこ)
1945年、東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術家卒業。絵本作家として活躍中。
「きょうはなんのひ?」で、第2回絵本にっぽん賞受賞。「おふろだいすき」でサンケイ児童出版文化賞美術賞受賞。「はじめてのキャンプ」で、フランスの絵本賞 LE GRAND PRIX DES TREIZEを受賞。
絵本に「はじめてのおつかい」、「あさえとちいさいいもうと」、「おでかけのまえに」、「おいていかないで」、「はっぱのおうち」、「きょうはなんのひ?」、「もりのかくれんぼう」、「くつくつあるけのほん」(全4冊)、「びゅんびゅんごまがまわったら」、ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ」、「ぼくのぱんわたしのぱん」、「かみひこうき」などがある。

※その他の「林明子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「はやしあきこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

nyanko さん

0歳のときは全く反応がなかったのですが、1歳を超えてから大好きになりました。
(正確には、体の場所がわかってきてから、かな)
本を読みながら一緒に「おててにおかおにあたまにあんよ」で体の場所を指さししたりさわったりしてニコニコしています。
体の名称を一緒に覚えるのにいい絵本です♪

Shihomama さん

うちの娘は、この絵本を通して「おてて、あたま、あんよ、おめめ、おかお」などの認識ができたみたいです。そして、着るのが大変な洋服を着せようとすると、あんなに嫌がって
いたお着換えも「おててはどこかなぁ?」「すぽん、でた〜」と言いながら着替えさせると
機嫌が良くなるので、最近はこの手でいっています。1歳くらいの子におすすめの絵本です。

ページの先頭へ戻る