こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

おやすみ


商品名

おやすみ

出版社

グランまま社

著者

なかがわ りえこ

画家

やまわき ゆりこ

出版年

1986

対象年齢

1歳〜

価格

760円

たくさん遊んで、おふろに入って、晩ごはんを食べて、歯を磨いたらお話を聞いて、子守歌を聞いて、「ねむたい ねむたい ああ ねむたい」、「あしたは なにして あそぼうか おやすみ おやすみ むにゃ むにゃ むにゃ」。
楽しい一日が終わり、そして、明日もまた楽しい一日が待っていると感じさせてくれる、幼児の世界を温かくリズミカルに描いた名作。

<作者紹介>
中川李枝子(なかがわりえこ)
札幌に生まれる。保育園に勤務のかたわら、創作をはじめる。1962年に、「いやいやえん」で上記賞を受賞。また1980年、「子犬のロクがやってきた」で毎日出版文化賞受賞。他に、童話「ももいろのきりん」、「らいおんみどりの日ようび」、絵本「ぐりとぐら」のシリーズなど多数。
<画家紹介>
大村百合子(おおむらゆりこ)
東京に生まれる。上智大学卒業。主な著書に、実姉中川李枝子とのコンビで、童話「いやいやえん」、「かえるのエルタ」などのさし絵、絵本「ぐりとぐら」のシリーズ、「そらいろのたね」、「なぞなぞえほん」(1〜3のまき)など多数。結婚により、山脇百合子となる。

※その他の「中川李枝子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「なかがわりえこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

hama さん

リズミカルな文章に見たことある絵?!みなさんお馴染みの「ぐりとぐら」の作者と画家
だったんですね〜。娘は、表紙のピンクも気に入ってるし、あたりまえの日常生活を描く
この絵本に親近感がわくのでしょうか?寝る前の読み聞かせに必ずこの絵本を選んで持っ
て来ます。きっと、今日も一日終わったという安心感に包まれて、眠りにつけるんだと思
います。

ページの先頭へ戻る