こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

かいじゅうたちのいるところ


商品名

かいじゅうたちのいるところ

出版社

冨山房

著者

モーリス・センダック

翻訳者

じんぐう てるお

出版年

1975

対象年齢

4歳〜

価格

1,400円

中央児童福祉審議会特別推薦図書
全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館協会選定図書

暴れん坊の男の子マックスは、おおかみのぬいぐるみを着ていたずらをして大暴れ!おかあさんに寝室にほうりこまれます。すると、部屋ににょっきり木が生え出し、辺りは森になり、波が打ち寄せ小舟で航海に出るマックス。かいじゅうたちのいるところに辿り着きます。そこで、かいじゅうの王様になって、またまた大暴れしたマックスですが、やがてだれかさんが恋しくなってきます・・・
文章が少ないので、あっという間に絵の世界に引き込まれます。個性的な絵がグロテスクな怪獣たちを魅力的に描き出しています。アメリカの有数の絵本作家の代表作。

<作者紹介>
Maurice Sendak(モーリス・センダック)
1928年アメリカのニューヨークで生まれる。
小さ頃から、父に古い空想に富んだ物語を話してもらったことが、彼に大きな影響を与える。4、5才頃から文と絵を書くことをめざしたと自ら言っている。自作の絵本に「かいじゅうたちのいるところ」、「まよなかのだいどころ」(以上冨山房)など、多数の作品を手がけている。現代のアメリカの人気絵本作家。

*その他のモーリス・センダックの作品は、HOMEの「著者名で検索」に「センダック」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

ricky さん

男の子が冒険に出るファンタジー。(夢の中かな?)
こわいかいじゅう達を手なずけすっきり爽快な冒険。
うちの子どもが一番好きな絵本です。

aoia さん

絵がとにかく個性的なので、とても印象に残る絵本です。ギョろっとした目のかいじゅう
たちが恐いようでもあり、なんだかユニークにも見えます。なぜか、癖になる絵本といった
感じです。これから、だんだん絵の少ない童話の世界に入っていく娘に、発想豊かに活字
を読んでもらいたくてこの絵本を買いました。内容も楽しいファンタジーの世界が繰り広
げられますよ。

ページの先頭へ戻る