こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

かさ


商品名

かさ

出版社

文研出版

著者

太田 大八

出版年

1974

対象年齢

3歳〜

価格

1,100円

サンケイ児童出版文化賞絵本部門推薦作品
厚生省中央児童福祉審議会児童福祉文化奨励賞
全国学校図書館協議会選定「緑陰図書」
日本図書館協会選定

雨の中を女の子が赤い傘をさして、おとうさんを迎えに行きます。公園を通り、陸橋を渡り、川で泳ぐあひるを見ながら、途中友達にも会います。歩道橋を渡り、商店街を通り、さらに大通りも渡って、やっと駅に着き、お父さんを見つけたときの女の子の顔からは満面の笑みがこぼれます。帰り道にはドーナツを買ってもらって、お父さんと帰ります。
駅までの道のりは、さほど遠くはないのでしょうが、子どもにとってはかなりの道のりであることが伺えます。そんな雨の日の出来事や女の子がおとうさんを迎えに行く心情を、墨一色の中に赤い傘だけが鮮明な色を持ち、ドラマチックに展開していく文字のない絵本。

<作者紹介>
太田大八(おおただいはち)
1918年に長崎県に生まれる。1946年多摩美術大学卒業。1955年日本童画会賞、1958年小学館絵画賞、1969年アンデルセン賞国内賞、1977年IBA国際図書芸術展金賞をそれぞれ受賞。日本イラストレーター会議、児童出版美術家連盟所属。絵本に、「まほうこうじょう」(大日本図書)、「かじかびょうぶ」(童心社)、「世界にパーレただひとり」(偕成社)、挿絵に「やまなしもぎ」(福音館書店)、「へっこきあねさがよめにきて」(ポプラ社)などがある。


ページの先頭へ戻る