こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

かさかしてあげる


商品名

かさかしてあげる

出版社

福音館書店

著者

こいで やすこ

出版年

2002

対象年齢

2歳〜

価格

900円

全国学校図書館協議会選定

雨が降ってきました。女の子が困っていると動物たちが次々とやってきて、いろんな形の傘をかしてくれます。「ありさんの かさは ちいさい かさだね」、「かえるさんの かさは じょうごの かさだ」・・・
最後のページでは、なっちゃんとアリやかえる、うさぎやきつね、くまなど、たくさんの動物があめの日はかさの行列をします。「かさの ないこ いませんか?」。
楽しい雨の日をいきいきと描きます。

<作者紹介>
小出保子(こいでやすこ)
福島県に生まれる。桑沢デザイン研究所卒業。絵本に「とんとんとめてくださいな」(1986年オランダの絵本賞、銀の石筆賞受賞)、「ゆきのひのゆうびんやさん」、「はるですはるのおおそうじ」、「とてもとてもあついひ」、「もりのひなまつり」(以上福音館書店)、「なぞなぞかけた」(小峰書店)などがある。


レビュー 一覧

Mika さん

女の子が動物から傘を借りるのですが、動物の大きさによって傘の大きさが違うのが
かわいいですね。女の子が逆に動物に傘を貸してあげるお話はよくあるので、この絵本
は新鮮でした。雨の日のお話しにピッタリの絵本です。うちの子も楽しんでいます。

ページの先頭へ戻る