こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

かぶさんとんだ


商品名

かぶさんとんだ

出版社

福音館書店

著者

五味 太郎

出版年

1985

対象年齢

2歳〜

価格

900円

日本図書館協会選定

とっても天気のいいある日、台所から赤かぶさんが窓の外に飛びだしていきます。その後から、白かぶさんも、てるてるぼうずくんも飛んできて、海の上を飛んだらたこさんが、空からはかみなりくんも、宇宙人も、みんなそろって飛んでった、どこまでも、どこまでも飛んでった。それから先は知らないよ。どこかの畑に落ちたかな?それともお鍋に落っこちて、晩の料理になったかな・・・
幼児はリズミカルで単純明快な作品が大好きです。「食べられちゃったかな?」と子どもたちに問えば、「宇宙人も雷も食べられないから、いつまでも空を飛んでいる」と答えることでしょう。固定観念にとらわれない自由な発想がこの絵本を楽しくしています。
奇想天外な発想で子どもたちを夢中にする、現代的なデザイン感覚とユーモアに満ちた不思議な魅力いっぱいの絵本。

<作者紹介>
五味太郎(ごみたろう)
1945年東京に生まれる。工業デザインおよびグラフィック・デザインの分野で複合的な仕事を試みている。最近は絵本の仕事も多い。「かくしたのだあれ」で、1978年度サンケイ児童出版文化賞受賞。作品には、「みんなうんち」、「きんぎょがにげた」、「ばったくん」、「かぶさんとんだ」(以上福音館書店)、「まどからのおくりもの」、「そらはだかんぼ」、「ぽぽぽぽぽ」(以上偕成社)、「ゆびんくん」(岩崎書店)、「たべたのだあれ」(文化出版局)など多数。

※その他の「五味太郎」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「ごみたろう」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

mami さん

五味太郎さんの絵本を見たことがある方は解ると思いますが、
五味さん独特のユニークな絵本の世界が繰り広げられています。
大人には不思議???な世界ですが、子どもは心惹かれるようで
楽しんでいます。とにかく「飛べるかぶさん」がお気に入りなんです。

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る