こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ガラスめだまときんのつののヤギ


商品名

ガラスめだまときんのつののヤギ

出版社

福音館書店

著者

ベラルーシ民話

画家

スズキ コージ

翻訳者

田中 かな子

出版年

1988

対象年齢

4歳〜

価格

1,300円

日本図書館協会選定

おばあさんが大切に育てた麦を、ヤギが食べてふんづけてしまいます。おばあさんは、かけよって「でていけったら でていけっ!むぎばたけから でていけ!」と怒鳴りますが、ヤギは出て行きません。それどころか「よけいなおせわだ、おいぼればあさん!おいらにゃ、ガラスめだまと きんのつのがある ひとつきすれば、いちころさ!」と言いました。嘆くおばあさんのために、クマやオオカミ、キツネ、ウサギ、森の動物たちが順番にヤギを退治に来るのですが、みんなそのヤギを見ると逃げ帰ってしまいます。すると、おばあさんの前にハチが飛んできました・・・
クマやオオカミなどの動物たちが退治できなかったヤギを、小さなハチが見事追い出すことに成功する、ベラルーシ民話。

<画家紹介>
スズキコージ
1948年静岡県に生まれる。1965年に上京し、1971年に日本橋プラザディックにおいて、初めての個展「コージズキンの世界」を開催。絵本に「ガラスめだまときんのつののやぎ」、「かぞえうたのほん」(以上福音館書店)、「いすがにげた」(ポプラ社)などがある。


ページの先頭へ戻る