こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

きいろいことり


商品名

きいろいことり

出版社

福音館書店

著者

ディック・ブルーナ

翻訳者

石井 桃子

出版年

1964

対象年齢

0歳〜

価格

700円

子どもがであう絵本?

空を飛んでいた黄色いことりが牧場に降りてきました。そこで仲良しになった黒い小いぬ。まっくろい小さな犬は牧場にいるにわとりやぶた、お百姓さんなど次々に紹介してくれます。
幼児から小学生まで幅広く読まれ、人気を保ち続けているディック・ブルーナの絵本。

<作者紹介>
ディック・ブルーナ
1927年オランダに生まれる。絵本作家、グラフィックデザイナー。
父の仕事の関係で、幼い頃から本や作家になじみ、絵本や詩集、音楽や美術にも興味を持つ。1943年、最初の小説「ヤーピー」を執筆。1945年、高校に通いながら最初の装丁「アニー・マリー」を手がける。1952年、絵本作りを始める。最初の絵本「りんごちゃん」を完成し翌年出版。1955年、「ちいさなうさこちゃん」出版。1970年、ブルーナの会社を創立。1975年、自分の創作に専念することを決意し出版社をやめる。これまでに80冊もの絵本を発表。

※その他の「ディック・ブルーナ」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「ブルーナ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

natsu さん

きいろいことりが牧場に飛んできて、いろいろな動物に出会います。
にわとりや牛やひまわり、お百姓さん、きいろいことりから見た
動物の様子が描かれています。文章も絵もはっきりとしていて単純
なので、1歳の子にはちょうどいい絵本ですね。

ページの先頭へ戻る