こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

きつねのホイティ


商品名

きつねのホイティ

出版社

福音館書店

著者

シビル・ウェッタシンハ

翻訳者

松岡 享子

出版年

1994

対象年齢

4歳〜

価格

1,300円

中央児童福祉審議会特別推薦
教科書に掲載されている絵本

スリランカの村に住むおかみさん三人の所に、きつねのホイティがごちそうを食べにやって来ます。ホイティは人間に変装し三人をだましますが・・・
人間ときつねのだまし合いがユーモラスに描かれています。


<作者紹介>
シビル・ウェッタシンハ
1928年、スリランカのガルに生まれる。6歳のとき教育を受けるため、両親と共にコロンボに移り住む。その後、独学で絵の勉強をはじめ、15歳のときはじめて絵本を描き、5年後に出版される。17歳のとき地元の新聞社で働き始め、主に子ども向けの記事やコラムをイラスト入りで執筆した。同時に次々と作品を発表していく。それらの多くの絵本は、スリランカの絵本のイラストレーションに大きな影響を与えている。日本で紹介されている絵本には「かさどろぼう」、「にげだしたひげ」(以上福音館書店)がある。
<翻訳者紹介>
松岡享子(まつおかきょうこ)
1935年神戸市に生まれる。神戸女学院大学英文科、慶応義塾大学図書館学科を卒業の後、渡米。ウエスタンミシガン大学大学院で児童図書館学を学び、ボルチモア市公共図書館に勤務。帰国後、大阪市立中央図書館小中学生室に勤めた。その後、自宅で家庭文庫をひらき、子どもたちに接しながら児童文学の研究、翻訳、創作に従事してきたが、1974年、石井桃子氏らと共に財団法人東京子ども図書館を設立し、現在同館理事長。
創作には、絵本「とこちゃんはどこ」、「おふろだいすき」(共に福音館書店)、翻訳には「しろいうさぎとくろいうさぎ」(福音館書店)、「くまのコールテンくん」(偕成社)など他多数ある。


ページの先頭へ戻る