こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

きつねのよめいり


商品名

きつねのよめいり

出版社

福音館書店

著者

松谷 みよ子

画家

瀬川 康男

出版年

1967

対象年齢

4歳〜

価格

900円

昔、山奥の水車小屋に一人のおじいさんが住んでいました。ある雨の降る日に、おじいさんは雨に打たれて今にも死にそうな子ぎつねを見つけます。かわいそうに思ったおじいさんは、子ぎつねを抱いて家に連れて帰り、面倒をみているうちに、いつしかおじさんとこぎつねは仲良く暮らすようになりました。大きくなり、美しい娘ぎつねになったある日のこと、ふと気がつくときつねの姿がありません。おじいさんが山から山へ探し歩いていると、きつねの嫁入りに出くわします・・・
おじいさんときつねの交流を淡い色彩で描いた心に残る絵本です。

<作者紹介>
松谷みよ子(まつたにみよこ)
1926年東京の神田に生まれる。
1951年「貝になった子供」を出版、第一回児童文学者協会新人賞受賞。以後、「ちいさいモモちゃん」(野間児童文芸賞)をはじめとする”モモちゃんとアカネちゃん”シリーズや”オバケちゃん”シリーズ、”松谷みよ子赤ちゃんの本”シリーズ、「ふたりのイーダ」、「まちんと」などの戦争児童文学、「龍の子太郎」(国際アンデルセン賞優良賞)などの創作のほか、松谷みよ子民話研究室を中心とした民話採集の仕事など精力的に活動している。

<画家紹介>
瀬川康男(せがわやすお)
1932年愛知県に生まれる。1967年「ふしぎなたけのこ」(福音館書店)で第1回世界絵本原画展グランプリ、1973年「かちかち山のすぐそばで」(フレーベル館)でサンケイ児童出版文化賞大賞、1987年「ぼうし」(福音館書店)で第10回絵本にっぽん大賞を受賞。他に、絵本「ことばあそびうた」(福音館書店)、「いないいないばあ」、「いいおかお」(以上童心社)、「やまんばのにしき」(ポプラ社)などがある。

※その他の「松谷みよ子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「みつたにみよこ」と入力し検索するとご覧になれます。


関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る