こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

木の本


商品名

木の本

出版社

福音館書店

著者

萩原 信介

画家

高森 登志夫

出版年

1986

対象年齢

5歳〜

価格

1,600円

ボローニャ国際児童図書展エルバ賞受賞

木はさまざまな花を咲かせ、芽から出た葉っぱには、さまざまな形があります。
春のはじめ、フキノトウが顔を出し、次々と木の花が咲きはじめます。夏には、スギやアジサイなどの夏の葉、秋には、公園や庭先でひっそりと咲く、サザンカやキンモクセイ、中には冬が来る前に、急いで実をつけるザクロ、カキなどもあります。秋に実る固い木の実、クヌギやクロマツなど・・・
そして、美しく紅葉した葉の様子も描かれ、それぞれを四季をとおして語ります。
身近に見られる樹木143種を選び、美しく精確な絵で描いた樹木図鑑の決定版。

<作者紹介>
萩原信介(はぎわらしんすけ)
1947年神奈川県に生まれる。1973年東京大学大学院修了。森林植物学専攻。後に、国立科学博物館付属自然教育園に勤務し、自然観察の指導や、シュロ、ブナの研究をする。子どもの本の仕事に「山や林の草花」、「野の花道ばたの草」(共に福音館書店)がある。
<画家紹介>
高森登志夫(たかもりとしお)
1947年千葉県にまれる。1970年、東京芸術大学油絵科卒業。1972年同大学院修了。画家。子どもの本の仕事に「はじめてであうずかん・しょくぶつ」、「野の草花」、「山や林の草花」、「たねのずかん」、「おいしい野草」、「花カード」(以上福音館書店)がある。


関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る