こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

きみなんかだいきらいさ


商品名

きみなんかだいきらいさ

出版社

冨山房

著者

ジャニス・メイ・ユードリー

画家

モーリス・センダック

翻訳者

小玉 知子

出版年

1975

対象年齢

4歳〜

価格

680円

全国学校図書館協議会選定
中央児童福祉審議会推薦

ジェームズとぼくはとっても仲良しだった。みずぼうそうにも一緒にかかったくらい仲良しだった。でも、今日は違う・・・
日常よくある子どものけんかを題材にしています。たった今、ジェームズが嫌いになった「ぼく」は、ぼく自身を納得させるために、ジェームズの嫌いな点を並べたてます。「クレヨンを1本も貸してくれない」、「シャベルは一番いいのを取ってしまう」、「おまけに砂をひっかける」・・・と。「仲が良かったときには誕生日も呼んでやったし」、「クッキーもわけたやったのに」と、思い出すとますます腹が立ってきます。「きみとはぜっこうだ!」とまで言いながら、言いたいだけ言うと気持ちが晴れて「ありがとう、ジェームズ!」としめくくり、二人は仲直りし、ほっとした後味をも残してくれます。
ユーモラスな表情や、怒っている感情の激しさをカラッと描き、嫌味が全くなく、子どもたちに友情の大切さを教えてくれます。小さな読者たちに愛されているアメリカの小型絵本。

<作者紹介>
ジャニス・メイ・ユードリー
1928年にイリノイ州に生まれる。大学卒業後、シカゴ市の保育園に勤め、ここで絵本の楽しさ、大切さを知り、作品を描くようになる。作品に「木はいいなあ」(偕成社)などがある。
<画家紹介>
Maurice Sendak(モーリス・センダック)
1928年アメリカのニューヨークで生まれる。
小さ頃から、父に古い空想に富んだ物語を話してもらったことが、彼に大きな影響を与える。4、5才頃から文と絵を書くことをめざしたと自ら言っている。自作の絵本に「かいじゅうたちのいるところ」、「まよなかのだいどころ」(以上冨山房)など、多数の作品を手がけている。現代のアメリカの人気絵本作家。

*その他のモーリス・センダックの作品は、HOMEの「著者名で検索」に「センダック」と入力し検索するとご覧になれます。


ページの先頭へ戻る