こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

キャベツくん


商品名

キャベツくん

出版社

文研出版

著者

長 新太

出版年

1980

対象年齢

4歳〜

価格

1,300円

第4回絵本にっぽん大賞
全国学校図書館協議会選定「基本図書」
教科書に掲載されているお話

ブタヤマさんは、とてもお腹が空いていたので、キャベツくんに会うと、キャベツくんを捕まえて食べてしまおうとします。キャベツくんは「ぼくをたべるとキャベツになるよ!」と、ブタヤマさんに言います。すると、空には鼻がキャベツになったブタヤマさんが浮かびます。ブタヤマさんはそれを見て、「ブキャ!」と驚きます。ヘビ、タヌキ、ゴリラ、カエル、ライオン、ゾウ、ノミ、クジラと次々に空に浮かびます。そのたびにブタヤマさんは「ブキャ!」と驚き、最後にはひっくり返ってしまいます。そんなブタヤマさんを見てかわいそうに思ったキャベツくんは、レストランでごちそうしてあげることにします・・・
空に次々と浮かんでくる想像の世界が広がるユニークな絵本。

<作者紹介>
長 新太(ちょうしんた)
1927年東京に生まれる。
1959年絵本「おしゃべりなたまごやき」(福音館書店)で文芸春秋漫画賞受賞。1974年、絵本「おしゃべりなたまごやき」(福音館書店改訂版)で、国際アンデルセン賞国内賞受賞。1977年、絵本「はるですよふくろうおばさん」(講談社)で講談社出版文化賞受賞。作品に「なんじゃもんじゃ博士」、「ごろごろにゃーん」(以上福音館書店)、「ぼくのくれよん」(講談社)、「もじゃもじゃしたものなーに?」(文研出版)などがある。


ページの先頭へ戻る