こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

きれいなはこ


商品名

きれいなはこ

出版社

福音館書店

著者

せな けいこ

出版年

1972

対象年齢

0歳〜

価格

700円

きれいな箱を見つけた、ねこちゃんとわんちゃんが箱の取り合いでケンカをします。
すると、箱からすぅーっとおばけが出てきて「けんか するのは だれだー!」。ねこは爪でひっかいたので、爪を長くされてしまい、いぬは、かじる口を大きくされてしまいました。「これじゃあ みんなと あそべない」・・・
この絵本を見る子どもはきっと、見につまされた思いで苦笑いをしてしまうでしょう。

<作者紹介>
瀬名恵子(せなけいこ)
1932年東京に生まれる。武井武雄氏に師事。児童出版美術家連盟会員。
1970年「いやだいやだの絵本」(福音館書店)でサンケイ児童出版文化賞受賞。「めがねうさぎ」、「おばけのてんぷら」(ポプラ社)、「ひとつめのくに」、「くずかごおばけ」(童心社)など絵本多数。

※その他の「せなけいこ」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「せなけいこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

kantamama さん

せなけいこさんの絵本は「あーんあん」、「いやだいやだ」、「ふうせんねこ」など、
何冊か持っていてお気に入りなんです。この「きれいなはこ」はケンカがテーマで、箱から
ケンカをしていると「けんかしているのだれだー!」とおばけが出てくるのですが、子どもは興味津々、親の私も思わず笑ってしまう楽しい絵本です。せなけいこさんのこのシリーズは、すべて子どもがしがちな悪いことをテーマに、教訓をおもしろおかしく絵本にしているのでとても良いと思います。

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る