こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

くだもの


商品名

くだもの

出版社

福音館書店

著者

平山 和子

出版年

1981

対象年齢

0歳〜

価格

900円

日常子どもたちが食べるくだものを、まるで実物のように描いたくだものの画集です。はじめに、見事な大きなすいか。
次ページには、食べられるように切ってあるみずみずしいすいかが出てきます。もも、ぶどう、なし、りんご、くり、かき、みかん、いちご、バナナ。みんなの大好きなものばかり。
「さあ、どうぞ」本当に食べたくなるようなおいしそうなくだものたちです。

<作者紹介>
平山和子(ひらやまかずこ)
1934年に東京に生まれる。東京芸術大学美術学部図案科卒業。絵本に「いちご」、「やさい」、「たんぽぽ」、「くだもの」、「おにぎり」(以上福音館書店)などがある。


レビュー 一覧

kumakuma さん

くだものがリアルに描かれていて本当においしそう。

1歳ぐらいから大好きで何度も読みました。
親子で『これも食べたいね。』とか『どれが好き』とか
楽しんで読めれるのでおすすめです。

kokomama さん

9か月の娘はこの本の絵がとても好きで、
本からくだものをとって食べる真似をしてくれます。
それが可愛くって、毎日何回も読んでいます。
絵がとてもきれいなので、大人も楽しめる一冊です。

kokko さん

挿絵がリアルで、それでいて温かい。
単純な繰り返しの展開ですが、この繰り返しって
楽しくなりますね。
何度読んでも、子どもはキャッキャ言ってます。

trei さん

ホントに、絵をみるだけで食べたくなるほどおいしそうなくだものばかり。
うちの2歳になる娘は、この絵本が最近お気に入りです。絵を見るなり「すいか!」と
叫んで、私が「さあ どうぞ」と言うと、「むしゃむしゃ」とか「もぐもぐ」と言って、
食べるマネをするのがいつの間にか恒例になっています。

ページの先頭へ戻る