こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ぐりとぐら


商品名

ぐりとぐら

出版社

福音館書店

著者

中川 李枝子

画家

山脇 百合子

出版年

1967

対象年齢

3歳〜

価格

900円

全国学校図書館協議会選定「基本図書」
厚生省中央児童福祉審議会特別推薦
教科書に掲載されている絵本

1963年に発刊されて以来、日本だけでなく世界の子どもたちにも愛され続けています。
野ねずみのぐりとぐらが森の中へさんぽに出かけます。
そこで見つけたものは、大きなたまご。ぐりとぐらはカステラ作りに挑戦します。
「ぼくらのなまえはぐりとぐら このよでいちばんすきなのはおりょうりをすること たべること ぐりぐら ぐりぐら」リズム感あふれる言葉で物語は運ばれていきます。ぐりとぐらの仕草がとてもかわいく、ワクワクしながらカステラのできる様子をみつめる動物たちの表情がイキイキ描かれ、楽しい食のあるこの絵本は、温かいぬくもりを与えてくれます。
食べることの大切さ、皆で分け合って食べることの喜びを描いています。

<作者紹介>
中川李枝子(なかがわりえこ)
札幌に生まれる。保育園に勤務のかたわら、創作をはじめる。1962年に、「いやいやえん」で上記賞を受賞。また1980年、「子犬のロクがやってきた」で毎日出版文化賞受賞。他に、童話「ももいろのきりん」、「らいおんみどりの日ようび」、絵本「ぐりとぐら」のシリーズなど多数。
<画家紹介>
大村百合子(おおむらゆりこ)
東京に生まれる。上智大学卒業。主な著書に、実姉中川李枝子とのコンビで、童話「いやいやえん」、「かえるのエルタ」などのさし絵、絵本「ぐりとぐら」のシリーズ、「そらいろのたね」、「なぞなぞえほん」(1〜3のまき)など多数。結婚により、山脇百合子となる。

※その他の「中川李枝子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「なかがわりえこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

kumakuma さん

3歳前に読んだ時はあまり興味がない感じでしたが3歳になった今では大好きな絵本になりました。
カステラができるまでのお話にとても興味がある様です。
親子で楽しく読んでいます。

最後にたまごの殻で作った物がとっても気に入ったみたいです。

sayurin さん

私も子供の頃大好きだった絵本なので、懐かしく思って子供に読んで聞かせています。
やはり、息子が好きなのは、皆でカステラを食べるシーンのようです。あまりにもカステラが食べたそうなので、「今度、ママがカステラを作るから一緒に食べようね」と言ったら、
大喜びで手伝ってくれると言っています。親子のコミュニケーションにも役立つ絵本です
よね。

ページの先頭へ戻る