こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ぐりとぐらのえんそく


商品名

ぐりとぐらのえんそく

出版社

福音館書店

著者

中川 李枝子

画家

山脇 百合子

出版年

1983

対象年齢

4歳〜

価格

900円

日本図書館協会選定

のねずみのぐりとぐらは、お弁当をたくさん持って遠足に出かけます。
野原に着くと、楽しみにしているお昼の時間にまだ早かったので、遊んでいると毛糸を見つけます。ぐりとぐらがその毛糸をまいて行くと・・・

<作者紹介>
中川李枝子(なかがわりえこ)
札幌に生まれる。保育園に勤務のかたわら、創作をはじめる。1962年に、「いやいやえん」で上記賞を受賞。また1980年、「子犬のロクがやってきた」で毎日出版文化賞受賞。他に、童話「ももいろのきりん」、「らいおんみどりの日ようび」、絵本「ぐりとぐら」のシリーズなど多数。
<画家紹介>
大村百合子(おおむらゆりこ)
東京に生まれる。上智大学卒業。主な著書に、実姉中川李枝子とのコンビで、童話「いやいやえん」、「かえるのエルタ」などのさし絵、絵本「ぐりとぐら」のシリーズ、「そらいろのたね」、「なぞなぞえほん」(1〜3のまき)など多数。結婚により、山脇百合子となる。

※その他の「中川李枝子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「なかがわりえこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

yuki さん

ぐりとぐらのシリーズで2冊目に購入しました。
初めて幼稚園で遠足に行く前に読んであげました。
ぐりとぐらがいつもの楽しい調子で、遠足に出かけて冒険をする姿が
何とも愛らしかったです。
最後にはおたのしみのお弁当が二人のリュックからたくさん出てきて、
娘はそれを一つ一つ確認しながらおいしそう〜と羨ましがっていました。

ページの先頭へ戻る