こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

くろねこかあさん


商品名

くろねこかあさん

出版社

福音館書店

著者

東 君平

出版年

1990

対象年齢

2歳〜

価格

900円

全国学校図書館協議会選定

3匹の白ねこと3匹の黒ねこを育てる、くろねこかあさん。
「くろねこかあさん ごはんをたべた」、「しろねこさんびき おさらをなめた」、「くろねこさんびき あわててすべった」というように、かあさんねこと、白ねこと黒ねこのそれぞれの様子を切り絵でうまく表現した楽しい絵本です。
文章は軽快でリズムがあり、幼児が全部覚えてしまいそうです。

<作者紹介>
東 君平(ひがしくんぺい)
1940年に兵庫県に生まれる。イラストレーション、絵本、童話の創作など幅広い分野で活躍。絵本に「みかづきちゃんえほん」(福武書店)、「すきときどききらい」(童心社)、「だれとだれかとおもったら」、「うみのおまつり」(年少版こどものとも・福音館書店)、童話に「おはようどうわ」(全8冊・講談社)、「ぼくのだいじなももたろう」、「くんくんたっくん」(あかね書店)など多数ある。


レビュー 一覧

Ayapapa さん

くろねこかあさんが、3匹のくろねこと3匹のしろねこを産みました。
しろねこ3匹は切り絵になっていてうまく出来てるなぁ〜と思いました。
文字も白い紙の上に、切って貼ったようになっていて白と黒で統一されているのが
逆にはっきりとしていて文章も短くとても解りやすいです。
最近は、娘と紙でねこの形を切り抜き、しろねこ3匹〜!と言って遊んでいます。
断然、娘の方が上手に切り抜きます・・・

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る