こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

くんちゃんはおおいそがし


商品名

くんちゃんはおおいそがし

出版社

ペンギン社

著者

ドロシー・マリノ

翻訳者

間崎 ルリ子

出版年

1983

対象年齢

5歳〜

価格

950円

忙しいおかあさんに何をしたらいいかと聞く、くんちゃん。
「外へ行って自分で何かすることを見つけなさい」と、おかあさんに言われ、くんちゃんは、外へ出ていきます。しかし、何もすることがありません。
しばらくは、まつかさをけったり、歩いたりしていますが、そのうち次々と楽しい遊びを発見していきます。
何もない時間が幼い子どもの想像力を高めさせ、色々な体験につながる大切な時間であることをくんちゃんから学べる絵本です。

<作者紹介>
Dorothy Marino (ドロシー・マリノ)
1912年アメリカのオレゴン州に生まれる。カンザス大学で絵を学ぶ。卒業後、ニューヨークに出て、働きながら絵の勉強を続けた。後に、子どもの本の挿絵を手がけ、絵本も作るようになる。こぐまのくんちゃんを主人公にしたシリーズが数冊あり、子どもたちに人気がある。主な作品に「くんちゃんのだいりょこう」(岩波書店)、「くんちゃんのはじめてがっこう」、「くんちゃんはおおいそがし」、「くんちゃんのはたけしごと」(ペンギン社)などがある。
<翻訳者紹介>
間崎ルリ子(まさきるりこ)
1937年長崎に生まれる。慶応義塾大学文学部図書館学科卒業後、渡米し、シモンズ・カレッジ大学院図書館学科卒業。ニューヨーク公共図書館、アメリカン・スクール・イン・ジャパン図書館、家庭文庫研究会を経て、現在、鴨の子文庫主宰、兵庫県子どもの図書館研究会代表。主な訳書に「もりのなか」、「くんちゃん」シリーズなど多数。

※その他の「ドロシー・マリノ」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「ドロシー」と入力し検索するとご覧になれます。


ページの先頭へ戻る