こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

こぐまちゃんのうんてんしゅ


商品名

こぐまちゃんのうんてんしゅ

出版社

こぐま社

著者

わかやま けん

出版年

1971

対象年齢

1歳〜

価格

800円

たくさんのおもちゃを乗せて、こぐまちゃんのバスは出発します。遊園地行きです。こぐまちゃんが運転手になって遊ぶ「ごっこ遊び」の絵本です。日常目にする経験や記憶を遊びに反映させていくこぐまちゃんは、幼児そのままですよね。

<作者紹介>
若山 憲(わかやまけん)
1930年岐阜市に生まれる。
グラフィックデザインの世界から童画界に入り、詩的な画風で独特な世界をつくりあげる。1968年、「きつねやまのよめいり」で第16回サンケイ児童出版文化賞・NHKの推薦図書に選ばれる。国際絵本原画展でリトグラフによる淡い色調が話題になりました。はっきりとした形と明快な色彩で幼児の生活を描いた”こぐまちゃんえほん”(全12冊・別冊3冊)は、はじめて絵本に出会う幼い子どもたちに人気があります。

その他の「わかやまけん」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「わかやまけん」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

kumakuma さん

車好きの息子の大好きな絵本です。
1歳半頃から読みました。

自分もこぐまちゃんになりきって
三輪車にぬいぐるみをのせて遊んで
いました。

MISS さん

おもちゃのバスにぬいぐるみをいっぱい乗せてこぐまちゃんのごっこ遊びがはじまる絵本です。読んでもらった子供が興味を持たないわけがありません。絵本の後は、すぐこぐまちゃんと同じことをして遊ぶ息子ですが、ぬいぐるまはおとなしく乗っていてくれずに床に落ちてしまい、なかなかうまくいきません。でも、そこがまた楽しいのかもしれませんね。

ページの先頭へ戻る