こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ことばあそびうた


商品名

ことばあそびうた

出版社

福音館書店

著者

谷川 俊太郎

画家

瀬川 康男

出版年

1973

対象年齢

読んであげるなら4歳〜自分で読むなら小学校低学年~

価格

1,000円

全国学校図書館協議会選定
教科書に掲載されている絵本

「はなののののはな はなのななあに なずななのはななもないのばな」と、同音を重ねて美しい野の広がりを表した「ののはな」や、「かっぱかっぱらった かっぱらっぱかっぱらった とってちってた」のように、つまる音を効果的に使った「かっぱ」など、短いことばのあそび詩15編を載せています。詩人の作りだしたことばの音の響きやリズムは、わらべうたのもつ独特な大らかさを感じずにはいられません。赤、黄、黒、緑の素朴な味わいの版画の絵がユーモアを漂わせ、ことばの意味の世界を見事に描き出しています。字もすべて版画を使い、全体的に遊び心満載です。
ことば遊びが十二分に表現された幼児から大人まで楽しめる絵本です。

<作者紹介>
谷川俊太郎(たにかわしゅんたろう)
1931年東京に生まれる。詩人。詩作のほか戯曲、放送台本、作詞などの分野で注目すべき仕事を手がけている。児童文学作品には、「ことばあそびうた」、「あな」、「めのまどあけろ」、「わたし」(以上福音館書店)、「スイミー」(好学社)、「これはのみのぴこ」(サンリード)などがある。
<画家紹介>
瀬川康男(せがわやすお)
1932年愛知県に生まれる。1967年「ふしぎなたけのこ」(福音館書店)で第1回世界絵本原画展グランプリ、1973年「かちかち山のすぐそばで」(フレーベル館)でサンケイ児童出版文化賞大賞、1987年「ぼうし」(福音館書店)で第10回絵本にっぽん大賞を受賞。他に、絵本「ことばあそびうた」(福音館書店)、「いないいないばあ」、「いいおかお」(以上童心社)、「やまんばのにしき」(ポプラ社)などがある。


ページの先頭へ戻る