こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

こんとあき


商品名

こんとあき

出版社

福音館書店

著者

林 明子

出版年

1989

対象年齢

5歳〜

価格

1,300円

全国学校図書館協議会選定
教科書に掲載されている絵本

あきが赤ちゃんのときから一緒にいる、きつねのぬいぐるみ、こん。おばあちゃんに会いにいこうと、こんとあきの大旅行がはじまります。
旅の途中でハプニングが次々と起こりますが、優しい絵とともに、結末はほっとする心温まるお話し。

<作者紹介>
林 明子(はやしあきこ)
1945年、東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術家卒業。絵本作家として活躍中。
「きょうはなんのひ?」で、第2回絵本にっぽん賞受賞。「おふろだいすき」でサンケイ児童出版文化賞美術賞受賞。「はじめてのキャンプ」で、フランスの絵本賞 LE GRAND PRIX DES TREIZEを受賞。
絵本に「はじめてのおつかい」、「あさえとちいさいいもうと」、「おでかけのまえに」、「おいていかないで」、「はっぱのおうち」、「きょうはなんのひ?」、「もりのかくれんぼう」、「くつくつあるけのほん」(全4冊)、「びゅんびゅんごまがまわったら」、ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ」、「ぼくのぱんわたしのぱん」、「かみひこうき」などがある。

※その他の「林明子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「はやしあきこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

Riko さん

うちの子は、3歳のときから絵を見て絵本を読んでくる傾向があり、
特に林明子さんの絵が気に入ってるようなので、今回この絵本を
購入しました。絵とマッチしたあったかい絵本です。

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る