こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

サンタクロースと小人たち


商品名

サンタクロースと小人たち

出版社

偕成社

著者

マウリ・クンナス

翻訳者

稲垣 美晴

出版年

1982

対象年齢

4歳〜

価格

1,800円

ボローニア国際児童図書展・エルバ賞推薦
全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定

フィンランドの遠い北のはずれに、何百人もの小人たちと一緒に暮らすサンタクロース。どんな家に住み、どんな暮らしをして、世界中の子どもたちのプレゼントをどうやって用意してるのか?
子どもたちは、サンタクロースに対していっぱい疑問を抱いているはず。そんな疑問をすべて解決してくる、サンタクロースの一年が描かれています。

<作者紹介>
マウリ・クンナス
1950年にフィンランドのヴァンマラに生まれる。フィンランド国立工芸大学でグラフィック・デザインを学ぶ。テレビの子ども番組の制作や、新聞の社会戯評の担当などの仕事を経て、絵本の創作を始める。ユーモアに満ちた作風が人気を集め、現在もフィンランドを代表する絵本作家として精力的に活躍中。なお本書は、フィンランドのみならず世界各国で支持を受け、21の言語に翻訳出版されている。


ページの先頭へ戻る