こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

しっぽのはたらき


商品名

しっぽのはたらき

出版社

福音館書店

著者

川田 健

画家

籔内 正幸

出版年

1972

対象年齢

5歳〜

価格

900円

中央児童福祉審議会推薦
教科書に掲載されている絵本

度々、小学校の教科書にも登場したお話です。
動物のしっぽは実にいろいろな形があり、いろいろな役目を果たしています。
「さあ、つぎは なんの しっぽでしょう。うれしいので、しっぽを ふっています」。次のページにはいぬが登場し、「いぬは、じぶんの きもちを しっぽで あらわします。こわいときは、しっぽを うしろあしの あいだに いれてしまいます」と、解説され、次々とウシやリス、カンガルー、キツネ、イルカ、ヘビ、トカゲのしっぽがリアルに現れます。
いろんな動物を登場させながら、籔内正幸さんの美しい挿絵にのせて説明しています。

<作者紹介>
川田 健(かわたけん)
1937年宮崎市に生まれる。宮崎大学卒業。東京動物園協会勤務の後、1969年渡米。トペカ動物園飼育係をかわきりに、全米各地の動物園をまわる。著書に「アメリカの動物園で暮しています」(どうぶつ社)、「日本人のしっぽ」(近代文芸社)などがある。
<画家紹介>
藪内正幸(やぶうちまさゆき)
1940年大阪に生まれる。大阪府立夕陽丘高校卒業後上京し、出版社に勤務する。後にフリーで新聞、雑誌、図鑑、百科事典などに動物の絵を描いて活躍した。1973年度朝日広告賞第2部グランプリ受賞。主な著者には「どうぶつのおやこ」、「どうぶつのこどもたち」、「どうぶつのおかあさん」、「なにのこどもかな」、「どうやってねるのかな」、「しっぽのはたらき」(以上福音館書店)などがある。


レビュー 一覧

wanwan さん

赤ちゃんの頃から動物の絵本が大好きな4歳になる娘の
お気に入り絵本です。
人間にはない、動物のいろいろなしっぽを興味深げに
観察するようになったので、動物園に行くことになった
ぐらい・・・図鑑絵本といった感じですね。
藪内さんの本格的な動物の絵には、毎回感心するばかりです。
今までにも「どうぶつのおやこ」や「どうぶつのおかあさん」
をお気に入りの絵本としていました。

ページの先頭へ戻る