こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ずかん・じどうしゃ


商品名

ずかん・じどうしゃ

出版社

福音館書店

著者

山本 忠敬

出版年

1981

対象年齢

0歳〜

価格

900円

中央児童福祉審議会推薦

バスでも色々な種類があります。ハイウェーバスに観光バス、マイクロバス、路線バス。トラックは、小型トラック、カーゴトラック、ほろ付きトラック、ひら荷台トラックなど・・・普段、あまり見ることのできない珍しい自動車もたくさん登場します。
幼児、とくに男の子は乗り物の絵本が大好きですよね。自動車を描かせたら第一人者の山本忠敬さんのすばらしい絵による、自動車を種類別に図鑑として描いた本。

<作者紹介>
山本忠敬(やまもとただよし)
1916年東京に生まれる。東京美術学校図案科卒業。横浜シネマで漫画映画の製作にたずさわった後、乗り物絵本第一人者として活躍。絵本の仕事に「とらっくとらっくとらっく」、「のろまなローラー」、「ずかん・じどうしゃ」、「はたらくじどうしゃ1〜4」、「しゅっぱつしんこう!」、「ぶーぶーじどうしゃ」(以上福音館書店)など多数。


レビュー 一覧

kumakuma さん

『ぶーぶーじどうしゃ』が好きだったら次はこれですね。

リアルな車がたくさん描かれています。

最近見ない車や専門的な種類まであって車マニアには
かなりおすすめです。

nonchan さん

まさに「すかんじどうしゃ」。沢山のじどうしゃが登場します。
ストーリーやお話のない絵本ですが、子どもは大好きです。

nobunobu さん

やはり、男の子は車好きですね。見てるだけで楽しいみたいです。
「るーとばん」、「かーごとらっく」、「ひらにだいとらっく」などなど、
ダンプカーでも色々種類があって、私は車に詳しくないので勉強になります。
パトカーや消防自動車、よく見る車からめずらしい特殊な車までが、色とりどり
に詳しく描かれているので、男の子だったら興味を引くこと間違いなしの絵本です。

ページの先頭へ戻る