こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

せっけんつけて ぶくぶくぷわー


商品名

せっけんつけて ぶくぶくぷわー

出版社

福音館書店

著者

岸田 衿子

画家

山脇 百合子

出版年

1999

対象年齢

2歳〜

価格

1,000円

全国学校図書館協議会選定

ことちゃんが洗濯していると、動物たちがやってきて、みんなで洗濯することに。「ぷく ぷく ぷわー」、楽しい音をたてて作業が進んでいきます。洗濯物を干して、さあ終了!あら、洗濯物が風で吹き飛ばされてしまい・・・
子どもたちの手にかかったら、洗濯も、まるで楽しい遊びになってしまいますよね。

<作者紹介>
岸田衿子(きしだえりこ)
1929年東京に生まれる。東京芸術大学油絵科を卒業。1962年、同級生だった中谷千代子の絵で絵本「かばくん」を発表。以後「ジオジオのかんむり」、「かえってきたきつね」などを同コンビで発表し、サンケイ児童出版文学賞受賞。詩集に「木いちごつみ」、「かぞえうたのほん」、翻訳にアーノルド・ローベル「どろんここぶた」などがある。
<画家紹介>
大村百合子(おおむらゆりこ)
東京に生まれる。上智大学卒業。主な著書に、実姉中川李枝子とのコンビで、童話「いやいやえん」、「かえるのエルタ」などのさし絵、絵本「ぐりとぐら」のシリーズ、「そらいろのたね」、「なぞなぞえほん」(1〜3のまき)など多数。結婚により、山脇百合子となる。


レビュー 一覧

yuki さん

お家のお手伝いに興味を持ち始めた娘にぴったりだと思い購入しました。
山脇百合子さんの絵はいつもかわいくて、特に出てくる動物たちがとても魅力的です。
「ごしょごしょ」「こにょこにょ」など、みんなが洗濯をする音がかわいらしくて、
様々な響きを親子で楽しんでいます。

ページの先頭へ戻る