こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

そらいろのたね


商品名

そらいろのたね

出版社

福音館書店

著者

中川 李枝子

画家

大村 百合子

出版年

1967

対象年齢

3歳〜

価格

900円

全国学校図書館協議会選定図書「基本図書」
厚生省中央児童福祉審議会推薦図書
教科書に掲載されている絵本

ゆうじがきつねからもらったそらいろの種をまくと、小さな空色の家がはえてきました。大事に育てると、町中の子どもと森の動物が入れるほどの大きな家になりました。
ところが、最後にきつねが来て、家は自分のものだと言って皆を追い出します。そのとたん、家はどんどん大きくなり太陽に届きそうになると突然崩れてしまします。
ページをめくるごとに登場する動物が生き生きと描かれ、とびきり楽しい絵本です。

<作者紹介>
中川李枝子(なかがわりえこ)
札幌に生まれる。保育園に勤務のかたわら、創作をはじめる。1962年に、「いやいやえん」で上記賞を受賞。また1980年、「子犬のロクがやってきた」で毎日出版文化賞受賞。他に、童話「ももいろのきりん」、「らいおんみどりの日ようび」、絵本「ぐりとぐら」のシリーズなど多数。
<画家紹介>
大村百合子(おおむらゆりこ)
東京に生まれる。上智大学卒業。主な著書に、実姉中川李枝子とのコンビで、童話「いやいやえん」、「かえるのエルタ」などのさし絵、絵本「ぐりとぐら」のシリーズ、「そらいろのたね」、「なぞなぞえほん」(1〜3のまき)など多数。結婚により、山脇百合子となる。

※その他の「中川李枝子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「なかがわりえこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

marin さん

ぐりとぐらと同じ作者だったので、ぐりとぐら好きの娘と私は、この絵本を迷わず買いました。ゆうじのもけいひこうきが欲しくて、宝物のそらいろのたねと取り替えてもらったきつね。ゆうじがその種を庭の真ん中に埋めて水をやると、土の中から家が出てきて、その家が
どんどん大きくなるわくわくするような夢のあるお話し。それを見たきつねが、ひこうきを
返すからその家を返して欲しいと言ってきて、誰も家に入れなくしてしまったら、家はどんどん大きくなり花びらが散るように崩れてしまったという、まるで昔話のような教訓めいた
お話しの結末に変わり驚かされました。やはり、欲張りやいじわるはいつのときもダメなんですね〜

ページの先頭へ戻る