こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

だるまちゃんとうさぎちゃん


商品名

だるまちゃんとうさぎちゃん

出版社

福音館書店

著者

加古 里子

出版年

1977

対象年齢

3歳〜

価格

900円

日本図書館協会選定
全国学校図書館協議会選定

だるまちゃんがゆきだるまをつくります。
そこへ、ゆきだるまを知らないうさぎちゃんがやって来たので、いろいろなゆだるまをつくってうさぎちゃんを喜ばせます。
手袋人形の作り方や新聞紙を使っての帽子の実際の作り方なども載せられていて遊び心満載の絵本です。

<作者紹介>
加古里子(かこさとし)
1926年、福井県武生まれ。1948年東京大学応用化学科卒業。工学博士、技術士。川崎セツルメント児童部、日本子どもを守る会会員。
絵本に「かわ」、「ゆきのひ」、「たいふう」、「だるまちゃんとてんぐちゃん」、「だるまちゃんとかみなりちゃん」、「あなたのいえわたしのいえ」、「海」(以上福音館書店)、「かこさとしのおはなしのほん<全10巻>」(偕成社)、「かがくの本」、「あそびの本」(童心社)など多数の著者がある。

※その他の「加古里子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「かこさとし」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

yuki さん

娘はこの本で丹下作善と座頭市の雪だるまが大好きになりました。自分でも片目を隠して、丹下作善の真似をしたりしてます。外でも眼帯をした人を見つけて喜んだりと、日々の生活に加古里子さんの世界が入り込んでいます。
また、だるまちゃんが教えてくれる手袋人形やうさぎの帽子も毎年冬になると作って楽しんでいます。

ページの先頭へ戻る