こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

たろうのおでかけ


商品名

たろうのおでかけ

出版社

福音館書店

著者

村山 桂子

画家

堀内 誠一

出版年

1966

対象年齢

3歳〜

価格

900円

全国学校図書館協議会選定図書
厚生省中央児童福祉審議会推薦図書

たろうは、仲良しのまみちゃんのお誕生日のお祝いに出かけます。いぬとねことあひるとにわとりも一緒です。一刻も早くまみちゃんの家に着きたいのですが、道路には車や自転車、スクーター、気をつけなければならない物がたくさんでてきます。嬉しいので走ったり、黄色信号で渡ろうとしてバイクのおじさんやおまわりさんに「だめ、だめ、だめ」と注意されます。
自然に、交通規則を覚えてしまう楽しい絵本です。
姉妹編に「たろうのともだち」、「たろうのひっこし」があります。

<作者紹介>
村山桂子(むらやまけいこ)
1930年静岡県に生まれる。文化学院卒業後、お茶の水女子大学幼稚園教員養成課程修了。1965年まで幼稚園に勤務。1955年、第二回全国児童文化教育研究大会童話コンクールに入選。絵本に「たろうのおでかけ」、「たろうのひっこし」、「おかえし」(以上福音館書店)、「もりのはみがき」(教育画劇)などがある。
<画家紹介>
堀内誠一(ほりうちせいいち)
1932年、東京に生まれる。グラフィックデザイナー。1952年福音館書店の「こどものとも」に「くろうまブランキー」をかき、また、アートディレクターとしても活躍。1987年に没。「かがくのとも」には、「てとゆび」、「かげ」、「はしる」、「ほね」、「ねびえ」、「めのはなし」などがある。


レビュー 一覧

wasabi さん

まみちゃんのお誕生日のお祝いにすみれの花とアイスクリームを持って出かけるたろう。
早く着かないかなぁ〜と心は先を急ぐのですが、横断歩道を無視して行こうとして、お巡りさんに注意されるシーンなんかもでてきます。こういうところから、子どもは何気なく規則というものを覚えていくのかなぁ〜と思いました。

ページの先頭へ戻る