こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

たろうのひっこし


商品名

たろうのひっこし

出版社

福音館書店

著者

村山 桂子

画家

堀内 誠一

出版年

1985

対象年齢

3歳〜

価格

900円

日本図書館協会選定
全国学校図書館協議会選定

たろうは、階段の下の廊下にじゅうたんを広げ、自分の部屋をつくります。そこへ、ねこのみーやがやって来て「窓があるお部屋だったら、もっといいのにな」。たろうの引っ越しがはじまります。手窓の下にじゅうたんを広げました。すると、手窓からいぬのちろーが覗いて言いました。「ぼくはおうちに入れないからつまらない」。そこで、たろうはじゅうたんを持って外に出ると、犬小屋の前に広げました。そこへ、あひるのがあこがやってきて・・・
繰り返しのストーリーが楽しく、次々に登場する動物たちとたろうの交流が微笑ましい絵本です。

<作者紹介>
村山桂子(むらやまけいこ)
1930年静岡県に生まれる。文化学院卒業後、お茶の水女子大学幼稚園教員養成課程修了。1965年まで幼稚園に勤務。1955年、第二回全国児童文化教育研究大会童話コンクールに入選。絵本に「たろうのおでかけ」、「たろうのひっこし」、「おかえし」(以上福音館書店)、「もりのはみがき」(教育画劇)などがある。
<画家紹介>
堀内誠一(ほりうちせいいち)
1932年、東京に生まれる。グラフィックデザイナー。1952年福音館書店の「こどものとも」に「くろうまブランキー」をかき、また、アートディレクターとしても活躍。1987年に没。「かがくのとも」には、「てとゆび」、「かげ」、「はしる」、「ほね」、「ねびえ」、「めのはなし」などがある。


ページの先頭へ戻る