こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

たんたんぼうや


商品名

たんたんぼうや

出版社

福音館書店

著者

かんざわ としこ

画家

やぎゅう げんいちろう

出版年

1998

対象年齢

2歳〜

価格

800円

たんたんぼうやが歩いていると、後からいろんな動物がついてきます。「たんたん ぼうやが あるけば たんたん あとから だれかも たんたんたん」、「ぴょんぴょん うさぎが ぴょーんと とんだ みんなも とんだ ぴょーんと とんだ」・・・
リズムと躍動感のあることばが、心をウキウキさせます。たんたんや動物たちと一緒に、「きゃっきゃっ」、「ぴょんぴょん」と真似してみたくなるほどです。色彩もオレンジや黄色、緑などがカラフルで、赤ちゃんの目にとびこむやすく描かれています。

<作者紹介>
神沢利子(かんざわとしこ)
1924年福岡県に生まれる。文化学院文学部卒業。作品「くまの子ウーフ」シリーズ(ポプラ社)、「あひるのバーバちゃん」、「はけたよはけたよ」(以上偕成社)、「ぽとんぽとんはなんのおと」、「おばあさんのすぷーん」(以上福音館書店)他、詩、創作に活躍中。
<作家紹介>
柳生弦一郎(やぎゅうげんいちろう)
1943年に三重県に生まれる。絵本作家。からだに関するユーモラスでユニークな作品を多数発表している。作品に「はなのあなのはなし」、「おっぱいのひみつ」、「たまごのあかちゃん」、「いろいろおせわになりました」(以上福音館書店)などがある。


レビュー 一覧

AIAI さん

3歳の息子とたんたんや動物たちの真似をして楽しんでいます。
絵本を読んでいるときも、遊びを取り入れると子どもは喜びますよね。
最後に、遊び疲れて大あくびをしてごろりんこと寝転がる動物たち。
お昼寝の絵本としてもいいですよね。

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る