こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ちいさなうさこちゃん


商品名

ちいさなうさこちゃん

出版社

福音館書店

著者

ディック・ブルーナ

翻訳者

石井 桃子

出版年

1964

対象年齢

1歳〜

価格

700円

うさこちゃん(ミッフイー)シリーズの第1作目。

お花がいっぱいの広い庭に囲まれた小さな家にふわふわさん夫婦が住んでいます。ある夜、天使が庭に来て赤ちゃんの誕生を告げます。そして、ふわふわさんとふわおくさんのところに赤ちゃんが生まれ、うさこちゃんが誕生します。あちらこちらから、動物たちが赤ちゃんを見にきます。
絵だけでも充分に理解できるような絵本です。ディック・ブルーナの確かな線と鮮やかな色使いは、ちいさな子どもたちは大好きです

<作者紹介>
ディック・ブルーナ
1927年オランダに生まれる。絵本作家、グラフィックデザイナー。
父の仕事の関係で、幼い頃から本や作家になじみ、絵本や詩集、音楽や美術にも興味を持つ。1943年、最初の小説「ヤーピー」を執筆。1945年、高校に通いながら最初の装丁「アニー・マリー」を手がける。1952年、絵本作りを始める。最初の絵本「りんごちゃん」を完成し翌年出版。1955年、「ちいさなうさこちゃん」出版。1970年、ブルーナの会社を創立。1975年、自分の創作に専念することを決意し出版社をやめる。これまでに80冊もの絵本を発表。

※その他の「ディック・ブルーナ」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「ブルーナ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

yuki さん

1歳の娘に購入しました。
2歳になった今でも大好きな一冊で、最近は私が読んでいると
娘も一緒になって読みます。おおぜいのおきゃくにくたびれて、
うさこちゃんが「こっくりこ」とねむってしまう所が大好きです。

nonchan さん

うさこちゃんが誕生する一作目です。
ブルーナの絵本はいいですよね!
たくさん出版されているので揃えたいです。

tomcat さん

キャラクターとしても有名なミッフィー。私の幼い頃、絵本との出会いが最初で大好きになったミッフィー。それから、ミッフィーグッズを集めるくらい好きだったので、娘にも絶対!!と思って買いました。「ちいさなうさこちゃん」は、うさこちゃんシリーズの一冊目です。なつかしい絵に私がワクワク・・・でも、娘もちゃんと絵を見てお話しをじーっと聞いてくれます。これから、シリーズを集めていくつもりです。何世代にもわたって読み継がれる絵本の魅力を、大人になって改めて感じました。大きさも持ち運びに便利です。

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る