絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

ちのはなし


商品名 ちのはなし
出版社 福音館書店
著者 ほりうち せいいち
出版年 1978
対象年齢 5歳〜
価格 972円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

中央児童福祉審議会推薦

ケガをすると血がでます。どうして血がでるのでしょうか?
「けがをすると 血が でるのは 血の 通っている くだが 破けるからだ」、「血の 通っている くだのことを 血管 という」、「心臓から 押しだされた 血は 動脈を通って 身体のすみずみまで 流れていき 静脈を通って 心臓にかえってくる」・・・
やさしい実験をおりまぜ、血の働きをわかりやすく順序立てて説明し、絵の描写が説明を興味深いものに引き立てています。血と生命の大切さを伝える絵本。

<作者紹介>
堀内誠一(ほりうちせいいち)
1932年、東京に生まれる。グラフィックデザイナー。1952年福音館書店の「こどものとも」に「くろうまブランキー」をかき、また、アートディレクターとしても活躍。1987年に没。「かがくのとも」には、「てとゆび」、「かげ」、「はしる」、「ほね」、「ねびえ」、「めのはなし」などがある。







関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
てがみをください
著者:山下 明生
1,404
詳細はこちら
おばけのてんぷら
著者:せな けいこ
1,296
詳細はこちら
おだんごぱん
著者:ロシア民話
1,296
詳細はこちら
おじさんのかさ
著者:佐野 洋子
1,512
詳細はこちら
せいめいのれきし
著者:バージニア・リー・バートン
1,836
詳細はこちら
11ぴきのねこ
著者:馬場 のぼる
1,296
詳細はこちら
トリックパズル どうぶつツリー
ジョージラック(イギリス)
4,104
詳細はこちら
モビール ZOO 
HELLER/ヘラー(ドイツ)
4,320
詳細はこちら
スカリーノ・鉄琴セット
スカリーノ社(スイス)
10,584
詳細はこちら
コートラック 5両の汽車
HELLER/ヘラー(ドイツ)
4,320
詳細はこちら
スカリーノ・鈴の塔セット
スカリーノ社(スイス)
8,424
詳細はこちら
織り機 ロッテ
NIC/ニック(ドイツ)
3,456


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!


レビュー 一覧

aoia さん
懐中電灯でほっぺたを照らすと赤く見えるのはなぜだろうか?とか、
血が出て乾くとどうやって、かさぶたになるのだろうか?などの
身近な体の不思議を教えてくれる絵本です。娘は、いろんなことに
興味を持ち理解できる年齢になってきているので、こういう絵本には
とても興味を示しています。