こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

つきよ


商品名

つきよ

出版社

教育画劇

著者

長 新太

出版年

1986

対象年齢

4歳〜

価格

1,300円

子だぬきが家へ帰る途中、月が山を滑り下りてくるのを見ました。
びっくりした子だぬきは、急いで近くまで見に行ってみると、なんと月が水遊びをしているではありませんか!月は、船になりました。そして、橋になってざりがにが渡って行きます。島にもなりました。泳いだり、もぐったり、魚釣りもしました・・・
子だぬきの目を通して、月がどんなふうに水遊びをするのか見てみたいとは思いませんか?どんな探検家だって見つけることのできない楽しい月夜を満喫できますよ。

<作者紹介>
長 新太(ちょうしんた)
1927年東京に生まれる。
1959年絵本「おしゃべりなたまごやき」(福音館書店)で文芸春秋漫画賞受賞。1974年、絵本「おしゃべりなたまごやき」(福音館書店改訂版)で、国際アンデルセン賞国内賞受賞。1977年、絵本「はるですよふくろうおばさん」(講談社)で講談社出版文化賞受賞。作品に「なんじゃもんじゃ博士」、「ごろごろにゃーん」(以上福音館書店)、「ぼくのくれよん」(講談社)、「もじゃもじゃしたものなーに?」(文研出版)などがある。


レビュー 一覧

yuki さん

文字は少ないですが、長新太さんの描く月夜の迫力がすばらしい一冊です。
その中で主役のとぼけた月と、タヌキの姿がユーモラスに描かれています。

娘はタヌキになりきって一緒に月夜を冒険し、タヌキがびっくりしておなかをつかむと
娘も一緒におなかをつかんでいます。

ページの先頭へ戻る