こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

でんしゃにのって


商品名

でんしゃにのって

出版社

アリス館

著者

とよた かずひこ

出版年

1997

対象年齢

3歳〜

価格

1,300円

厚生省中央児童福祉審議会特別推薦

うららちゃんは一人で電車に乗っておばあちゃんに会いに行きます。行先は「ここだ駅」。1つ目の駅は「わにだ駅」です。「わにだー わにだー」とアナウンスが流れ、電車が駅に着くと、「はい、おじゃましますよ」と乗ってきたのはわにの親子。その次は「くまだ駅」、「ぞうだ駅」、「へびだ駅」という変わった名前の駅に着くたびに、その駅の名前の動物が乗り込んできます。動物たちにぐるりと囲まれてしまったうららちゃん。でも気がつくと、最初は緊張して握りしめていた切符を、うっかり落とすほどリラックスしていたのです。
うららちゃんと動物たちの交流が暖かみを感じる想像の世界を夢いっぱいに描きます。

<作者紹介>
豊田一彦(とよたかずひこ)
1947年に宮城県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業。東京都在住。主な作品に「ワニのバルボンシリーズ」、「あかちゃんのりものえほんシリーズ」(アリス館)、「どんどこももんちゃん」(第7回日本絵本賞)などの「ももんちゃんあそぼうシリーズ」(童心社)、「おっとっと」などの「しろくまパパとあそぼうシリーズ」(岩崎書店)がある。


ページの先頭へ戻る